肝機能をサポートするサプリメントの特徴と期待できる効果

肝機能サプリメントがあれば、毎日の不規則な生活や乱れがちな食生活で傷んだ肝臓をケアしていくことができます。肝機能をサポートするサプリメントの特徴と、期待できる効果をみていきます。

目次

肝機能をサポートしてくれるサプリメントの特徴

肝機能をサポートするサプリメントについて

肝機能をサポートしてくれるサプリメントの特徴は、まず肝臓の働きを助けてくれるビタミンやミネラルなどの成分を多く含んでいるということでしょう。代表的なものとしては、タウリン(解説)オルニチン(解説)、クエン酸、セサミンなどの成分が入っていると、肝臓の働きを手助けしてくれます。これらの成分の入ったサプリメントを摂取することで、肝機能をサポートしてくれますので、毎日の生活の中で、こういった栄養素や成分を取り入れていくようにしましょう。

本当は日々の食事において、タウリンやオルニチンなどといった成分を摂取できればよいのでしょうが、忙しい現代人にそこまではできません。また、タウリンや牡蠣に多く含まれ、オルニチンはしじみに多く含まれていますが、毎回の食事で牡蠣としじみの献立てを考えろというのも無理な話です。ですからここは、サプリメントで肝機能をサポートしてくれる成分を、効率的に摂取していくことが望ましいです。

サプリメントメントは薬とは異なりますので、副作用もあまり考えずにすみますし、いつどきどこでも持ち歩いて、気軽に飲めるというところも良いところです。サプリメントメントを味方につけて、毎日の生活で健康維持に役立てていくと、病気を前もって予防していくことにもつながります。

肝機能をサポートするサプリメントとはどのようなものか

サプリメントメントは薬ではありませんが、正しく使用すれば、健康上とても強い味方になってくれるものです。毎日の食事の中では摂りきることができない栄養素を効果的に補ってくれるという点において、サプリメントメントというのは非常に重宝します。

肝機能をサポートするサプリメントメントを摂るなら、肝機能に良しとされる成分が入ったものを選ぶようにしましょう。肝機能によいとされる成分には、オルニチン・タウリン・セサミン・クエン酸・レシチン・アリシンなどの成分があります。

中でも特に肝機能を助けてくれるサプリメントメントとして、最も摂取したい成分はタウリンです。タウリンは肝臓に働きかけたのち、血液中のコレステロールを下げてくれる役割を持っています。また肝臓内にたまってしまった中性脂肪(解説)を分解して、体外に排泄させる働きも持っていますから、脂肪肝(解説)の方にも効果的です。

そしてまたアルコールを飲んだ後には、酸素の働きをサポートして肝臓の負担を減らしてくれます。他にも、高血圧改善、むくみ、動悸、息切れ改善、疲労回復などにも効果が持てるとされています。タウリンは一つの成分で、私たちの健康を守ってくれる秀逸な成分なのです。

タウリンが含まれる食べ物としてよく知られているのは牡蠣ですが、この牡蠣も毎日食べるわけにもいきません。肝機能をサポートするサプリメントメントとして、タウリンが入ったサプリメントを摂取することをおすすめします。

肝臓にいいサプリの特徴と含まれる成分について

「朝、起きられない・・」「疲れやすい・・・」といった方は、肝臓機能が弱まっているのかもしれません。肝臓にいいサプリを飲むことで、肝機能を向上させ、健康で意欲的な日々を過ごせるようにしていきましょう。

まず肝臓にいいとされるサプリの特徴は、オルニチンや牡蠣エキスなどを高配合しているサプリがよいということです。なぜかというと、オルニチンはアンモニアを分解し解毒作用を助け、肝臓の負担を減らしてくれる特別なアミノ酸だからです。オルニチンは通常のアミノ酸とは違い、たんぱく質にならずに必要とされる肝心な部分に直接出向き、パワーを発揮してくれます。

牡蠣エキスは、海に生息する牡蠣から抽出された成分です。牡蠣は「海のミルク」と呼ばれるように、とても栄養豊富な食べ物です。牡蠣エキスの中に入っているタウリンという成分は、オルニチンと同様に肝臓での解毒作用を助け、害のあるミネラル排出を促進します。また、肝臓にたまった、中性脂肪の排泄を促す作用も持ち合わせています。

そして牡蠣や牡蠣エキスには、亜鉛もたくさん含まれています。亜鉛は、アルコール分解や、新陳代謝の活性化、免疫活性化に大きな役割りを果たしている中心的成分です。亜鉛は体内に貯めることができない成分なので、絶えず、食べ物で補充していかなければなりません。亜鉛を毎日の食事で100%摂っていくということも不可能に近いでしょうから、このような場合は、サプリで亜鉛の成分が入ったものをチョイスしてもよいでしょう。

またスクワレン(解説)という深海鮫の肝臓から抽出したオイルも肝機能障害の改善に効果的だと言われています。酸素と結びつきやすい性質があり、肝臓のサポート以外にも様々な働きをしてくれる成分です。

肝機能改善にはビタミンが必要

肝機能の改善になくてはならないのがビタミンB群です。具体的にはB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸の8種類です。

肝臓が代謝活動を行う時にはビタミンが必要です。しかし過度の飲酒や喫煙習慣、偏食、ストレス、あるいは食品添加物の多い加工食品を多く食べたりしているとビタミンは大量に消費されてしまいます。

そのため肝臓は慢性的なビタミン不足になり疲労してしまうのです。ですから肝臓をケアしていくときにはまずビタミンB群を十分に摂ってあげることが必要ということです。

ビタミンB群は水溶性ビタミンなので、食事やサプリメントから摂っても2〜3時間程度で体外へ排出されてしまいます。そのため習慣的に摂り続けることが大切です。

また、抗酸化作用や美容における美白効果などのエイジング成分としても知られているビタミンCも不足すると肝機能の低下原因となります。

肝臓の活動にはビタミンCも大量に消費されるため不足すると肝臓が働きが悪くなりやすいのです。

飲酒や喫煙などは大量にビタミンCを消費してしまいますので、意識して補わないと慢性的なビタミンC不足の状態になります。

ビタミンCも水溶性であるため習慣的に摂り続ける必要があります。

肝機能のケアを目的に肝臓に良いとされる栄養素を摂る前に、まずビタミンを十分補給することを意識しましょう。

牡蠣エキスサプリに期待できる効果とは

「上司に誘われた飲み会が断れない」「取引先の接待で、お酒ばかり飲む・・・」「ここ最近、二日酔いがひどくなった・・・」と、このような方はいらっしゃいませんか。このような症状をうったえる方には、牡蠣エキスサプリが非常に合います。

ほとんどの牡蠣エキスサプリには、「タウリン」という成分が配合されています。この「タウリン」が、ひどい二日酔いに非常に効果的な役割りを果たします。

アルコールを摂取すると、それが肝臓で分解されますが、あまりに過剰なアルコールが体内に入ってくると肝臓の働きがまったく追い付かなくなり、二日酔いとして次の日も体にアルコール分が残ってしまいます。残ってしまったアルコール分が、ひどい倦怠感を招くのです。

そこでタウリンの入った牡蠣エキスサプリを飲むと、このタウリンの働きで肝臓の動きが強化され、アルコールの分解がスムーズに進みます。アルコールの分解がスムーズに進めば、アルコールが翌日にまで持ち越されることはありませんから、二日酔いは起きにくくなるということです。

牡蠣エキスサプリはタウリンを多く含み、肝臓の働きをサポートして、毎日の健康維持に一役買ってくれます。

本来ならば、毎日行われる食事の中でタウリンの摂取もできれば良いのでようが、今現在の日本人の生活習慣では、それはとても難しいことでしょう。忙しい毎日の中で、牡蠣エキスサプリを上手に取り入れていくことで肝臓に対するケアを行っていきましょう。

牡蠣エキスと亜鉛のサプリメントに期待できる効果とは

牡蠣エキスには、人間の健康のためにとても重要な栄養素が多数含まれています。牡蠣エキスには、とても良質なミネラル成分が豊富に含まれており、牡蠣エキスのサプリメントを飲むことは、体にとって非常に効果的に働きます。

牡蠣エキスのサプリメントには、亜鉛がたくさん含まれています。亜鉛は、人間が生きていくために欠かすことのできない必須成分でこれが体内で不足してしまうと、味覚障害、食欲の低下、成長発達障害、貧血、皮膚の異常など、体に様々な悪影響をもたらします。でしから、牡蠣エキスで亜鉛を摂取することは、とても大切なことなのです。

毎日、牡蠣を食べるのは不可能に近いですから、ここは亜鉛の入ったサプリメントを飲むことで、体に大切な成分を補っていきましょう。

亜鉛のサプリメントを飲むと、男性にとっては嬉しい滋養強壮効果もありますし、牡蠣に含まれる一つの成分である「タウリン」が肝臓の機能をサポートしてくれる効果もあります。肝機能を元気にして、脂肪肝や脂肪性肝炎など肝機能障害などの病気から、我々を遠ざけてくれます。タウリンは他にも血圧調整をしてくれたり、高血圧を正常な値に戻すのにも効果的だといわれています。

サプリメントを飲むことで、これらの良い効果が、私たちの体にもたらされるのです。サプリは、上手に活用すれば、健康維持にとても役立つものなので、生活の中でうまく取り入れていきましょう。

しじみエキスとその働き

テレビやメデイアの影響で「しじみエキス」が体にいいということは、なんとなく知っているものですが、しかしどのような働きで、体に良いのかということはよく分かりませんね。しじみエキスと、その働きについて説明します。

しじみエキスは、滋養強壮に良いということで知られています。一般的には、アルコールの解毒作業を促し肝臓の負担を軽減させる、体の免疫力を高めたり疲労の原因となるアンモニアを分解してくれる、新陳代謝を活発化させ髪の毛にコシを与えたりお肌のシミやシワを改善してくれる、ミネラル成分も豊富に含まれている、などの働きで私たちの体を力強くサポートしてくれます。

なぜこのような力があるのかというと、しじみエキスには「オルニチン」という成分が沢山含まれており、このオルニチンの働きが肝臓を助けてアルコール解毒や身体の疲れを取り除いてくれるからです。

オルニチンの働きは二日酔いの元凶となる、アセトアルデヒドの分解を助け肝臓の働きを活発にしてくれる肝臓機能回復効果や、倦怠感を生み出すアンモニアを分解して疲労回復に効果を出す抗疲労効果、成長ホルモンを促して新陳代謝を活発化させ筋肉の発達をサポートする代謝率向上効果などがあります。

しじみエキスを体内に取り入れると、以上のようなとても良い働きをしてくれるのです。またこの他にも、必須アミノ酸やタウリン、ビタミン類、亜鉛なども豊富に含んでいますので、体にいいことばかりです。

しじみエキスはサプリメントで補うのがおすすめ

しじみエキスは、肝臓のアルコール分解作業をサポートしたり、疲労回復に効果があるといわれています。ですが、これを毎日飲みたくても、忙しい現代ではなかなか難しいことでしょう。そこで、これをサプリメントで補うことをおすすめします。

しじみエキスには、肝臓のアルコール分解を助けてくれる「オルニチン」という成分が豊富に含まれています。口から入ったアルコールは、体内でいったんアルデヒドという猛毒に変わるため、肝臓はこの猛毒を分解する作業を開始します。肝臓の力が衰えてくると、猛毒の分解作業が進まないので、翌日の二日酔いなどの症状を招くことになります。このような時、オルニチン配合のサプリメントで肝臓のケアを行っていると、解毒作用がスムーズに進みますので、しじみエキスを摂取したいという方はサプリメントでの摂取をおすすめします。

また、しじみエキスには、肝臓にたまってしまったアンモニアを分解する働きもあります。アンモニアが肝臓にたまってくると、疲れやすくなり、重い疲労感にさいなまれるようになります。肝臓をケアしていくことは疲労回復にも効果がありますので、ここでもサプリメントのオルニチンの成分を摂取することをおすすめします。

しじみエキスはサプリメントで補っていったほうが、手間や時間もかかりません。お手軽に栄養摂取ができるという点においてもとてもオススメです。お手軽で、しかも効果の高いサプリを飲むことは続けやすいことです。毎日の習慣として、取り入れていくとよいでしょう。

肝臓の数値の意味と改善するために知っておきたいこと

会社などで行われる健康診断で肝臓の数値とは、とても気になるものです。肝臓の数値が悪いとどんな意味があるのか、また、改善するために知っていきたいことをご紹介します。

肝臓の数値が悪くなることが一体何の意味を表しているのかというと、アルコール分解や有害ミネラルの解毒をしてくれる作用が弱まりますので、体に疲れがたまりやすくなる疲労感や倦怠感が猛烈に襲ってきます。

また、肝臓は糖質や脂質をエネルギー変換してくれる働きを持っている臓器なので、肝臓の数値が悪くなると上手にエネルギー変換が行われないことになり、結果脂肪が代謝されずに肝臓にたまっていくことになります。これが、脂肪肝という病気の原因の一つです。

上記のように肝臓の数値が悪くなると、脂肪肝になりやすくなります。これを放置しておくと全身症状が悪化して肝硬変や肝胆ガン、肝ガンなどに進行してしまう恐れを多分に含んでいます。肝硬変などの病気症状に見舞われると、以前のような肝機能の働きは皆無になりますので、元の体に戻すためには大変な思いをしなくてはなりません。

ですから肝機能障害を起こす前に、脂肪肝の原因ともなるアルコール摂取過多、肥満、糖尿病などに注意して生活しましょう。具体的には、禁酒をする、体重や体脂肪を減らす、適度な運動をする、といったことが効果的です。こういったことに気をつけて生活していくだけで、肝機能の低下を防ぐことができます。

肝臓をいたわるために日頃から肝機能をサポートしてくれる栄養素をサプリメントで補うのもおすすめです。例えばスルフォラファン(解説)という成分は解毒酵素を活性化してくれると言われています。肝臓の解毒力を改善し、肝機能の向上などをサポートするという研究結果があるのです。

健康診断で肝機能の数値が気になる場合には、こういった成分を配合したサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

ガンマ(γ)-GTP下がらない理由とは

ガンマ(γ)-GTPは腎臓や肝臓、膵臓、血液などに含まれていて、got、gptと同じく、たんぱく質を分解してくれる働きを持つ酵素の一つです。この酵素は、アルコールや薬剤など毒性のあるものが肝細胞を壊したり、ガンや結石などで胆管がつまってしまった時などに血液中に流れでてきます。そこで、血液を調べればガンマ-GTPの数値がすぐに分かりますので、肝機能障害を起こしているかどうかを調べるためのマーカーとして活用されています。

ガンマ-GTPは特に、アルコールに敏感な反応をするため、毎日のようにお酒を飲んでいる方は高い数値が出やすくなる面があります。ガンマ-GTPが下がらない理由として、アルコールを毎日摂取している方は、なかなか下がらないでしょう。

他に、下がらない理由として考えられるのは、食生活です。乱れた食生活を送っていると、アルコール摂取を控えてもあまり下がらないことが多いです。

例えば、「甘いお菓子やジュースが大好きだ」「炭水化物好きで、ご飯、丼もの、ラーメン、パスタをよく食べる」「油っぽいおかずに目がない」など、このような食事を毎日のように食べている、またはアルコールをやめて禁酒しても、なかなかガンマ-GTPの数値は下がらないでしょう。

ごはんなどの炭水化物や油っこいおかずなどを食べ過ぎると、エネルギーの摂り過ぎによる脂肪肝になります。脂肪肝とは、肝臓に余分な脂肪が蓄積されたものですから、これでは数値改善にはならないのです。

肝臓につく中性脂肪とは?

口から食べ物を摂取すると、肝臓によって、エネルギーに変換されます。しかしこれらを摂取しすぎると、中性脂肪が溜まり肝機能障害を起こしたり、脂肪肝などの症状が出るようになります。肝臓につく中性脂肪について、詳しくみていきます。

肝臓につく中性脂肪の主な原因としては、やはり食生活が大きな影響を与えるようです。バターやクリームなどの脂質を多く含むもの、菓子類などの糖質を多く含む食べ物や糖分の多い飲料、例えば炭酸飲料や清涼飲料水やジュース、また精製された炭水化物、アルコールの過剰摂取などがあげられます。

これらの食べ物を多く摂取しすぎたり、脂肪や糖分が体内に過剰にあふれ出すと、肝臓のエネルギー変換作業が追い付かなくなるため、中性脂肪として蓄積されていきます。これが、脂肪肝の初期段階にもつながります。

肝臓の中性脂肪は、体のエネルギー変換のためにはある程度は必要なものです。私たち人間の大切な臓器一つ一つを取り囲み、守ってくれているのも脂肪です。しかしこれは、正常の範囲内の摂取であることが大前提なので、あまりに過剰なアルコール摂取や、脂質糖分が多い食事を続けていると、肝機能のあらゆる処理が限界を超えてしまいます。必要以上の脂肪分を増やさないよう、バランスの取れた食事や、適度な運動を心がけることが大切です。一度ついてしまった脂肪は、なかなか改善しづらいものですから、前もって予防していくようにしましょう。

肝臓を労わることで改善される体調とその理由

肝臓は食べたものが腸で分解され、門脈を通って最初に入ってくる臓器です。ここで肝臓の働きにより解毒や分解が行われ、体の隅々に向けて栄養成分が届けられます。

いわば肝臓は健康的な体作りと正常な生体活動を行っていくための要となる臓器なので、肝臓の状態が改善されることによって様々な変化がもたらされます。

もしかすると今、あなたが悩んでいる体調不良も肝臓をケアすることによって改善されていくかもしれません。

肝臓を労わった結果寝起きが楽になる

「体の疲れが取れずに、朝起きることが苦痛だ」「アルコールが抜けずに、飲み過ぎた翌日は激しい二日酔いに襲われる」。どちらにしても、翌日の朝は非常にツライ思いをします。寝起きが楽になれば、どんなに助かることでしょう。ここでは、寝起きが楽になった人が、どんなことをしているのかみてみます。

寝起きが楽になった人がしていることは、肝臓を労わっていることです。人間の体の中で肝臓の働きというものはとても重要なもので、肝臓の働きが鈍くなると身体に悪影響を及ぼします。

例えば肝臓はアルコールが体内に入ってくると、これを水と炭酸ガスに分解する解毒作業に追われます。口から入ったアルコールは、一旦はアセトアルデヒドという猛毒に変わるのですが、変わるまでに3〜4時間かかるのでその間にまた大量のアルコールを飲むことができるのです。しかし肝臓にも処理能力に限界があるので、解毒が追い付かなかった分のアルコールが猛毒になり続けて血中を走り回ってしまい、起こる症状が二日酔いです。

ですから二日酔いを避けて寝起きを楽にするためには、日ごろから肝臓を労わっておくことが大切なのです。肝臓のケアをしておけば、肝臓の処理能力が高まりますから二日酔いによる、寝起きを楽にすることができます。

また体の疲れが取れずに疲労感がたまっている場合も、肝臓の働きを助けてくれる「オルニチン」や「タウリン」配合のサプリメントでケアしていくと、寝起きが楽になることがあります。

肝臓のケアで疲れにくい体作り

「疲れが一度たまると、抜けにくい・・・」「疲労感がずっと続いている」「最近、とても疲れやすくなった・・・」。だから、「疲れにくい体になりたい!」と思いますよね。疲れにくい体作りをすることで、大切なこととは一体なんでしょうか。疲れにくい体に、必要なことを考えてみます。

まず、絶対条件としてあげられるのが、基本ですが「食事」です。食事の面から、しっかりとしたアプローチをしていくことは、非常に重要なことなのです。ここをおろそかにすると、年齢を重ねた時に、様々な不調が体を取り巻きます。

しかし現代の日本人の生活では「高カロリーで低栄養」といった食事内容を摂取している方が多く、バランスの取れた食事内容で毎日を過ごしている方はごく少数です。仕事や生活に忙しい日本では、3度の食事を、野菜中心としたヘルシーなものとすることは難しいです。しかし疲れにくい体を作っていくためには、良質なタンパク質と適度な量の炭水化物、たっぷりの野菜や海藻類を体内に取り入れることが欠かせません。

そこでおすすめなのが、サプリメントを上手に活用することです。サプリメントを毎日飲むことは、日々の食事ではなかなか補うことのできないミネラル成分やアミノ酸成分を、食事以外の方法で摂取することができる簡単な生活習慣です。

食事とサプリメントを上手に組み合わせることで、疲れにくい体作りがスムーズに進むことでしょう。

油ものを食べてももたれにくくなる

油ものを食べると胃がもたれるようになってきたという方は、もしかすると肝臓の働きが弱まっているのかもしれません。

胃がもたれるのは胃の働きが悪くなっていることで、油っこいものを食べ過ぎたり食物繊維を多く摂ったりした時に起こりやすい状態です。

なぜそうなってしまうかという原因のひとつに肝臓の働きが関係しています。

肝臓はアルコール分解や解毒という働きの他に、糖質や脂質を生体活動をするためのエネルギーに変える働きもしています。

そのため肝臓が加齢や何らかの原因が元でいつものように正常に機能しなくなると、糖質や脂質をエネルギーとして変換する力が弱くなります。

このような時、油ものを食べて脂質が多く体内に入り込んだら、エネルギー変換されなかった脂質がそのまま肝臓に溜まっていくことになります。

胃がもたれるのはもちろんのこと、肝臓には脂肪が蓄積していきますので、脂肪肝のもなりやすくなります。

肝臓のケアをすることによって正常に働くようになってくれば油ものを食べても持たれにくくなるのです。

精力の向上で機能改善が期待できる

肝臓を労わり食生活や過度の飲酒などの生活習慣を改善し、サプリメントなどを利用していくと精力の向上が期待できます。

肝臓のケアに効果的と言われる成分は、当サイトでもいくつか紹介してきましたが、シジミに多く含まれるオルニチンという非必須アミノ酸の一つで、体内で作ることができるものです。

健康的な生活をしている分にはあえて意識して摂るように心がける必要はないのですが、加齢によってオルニチンも減少していきます。

肝臓の働きには「解毒」というのがありますが、有害な物質を無害化するという意味なのですが、体の様々な臓器が生体活動をするときに産生されるアンモニアは体にとって有害な物質であるため、肝臓によって無害化されます。

この時にオルニチンが必要になります。

体内で作り出されたオルニチンだけで間に合うのであれば問題ありませんが、必要な量を作り出せなくなったときには、シジミなどの食品やサプリメントから補う必要が出てきます。

アンモニアを無害な尿素に分解していくときに必要になってくるのがオルニチンです。オルニチンは「オルニチン」→「アルギニン」→「シルトリン」の順に変体しながら循環していくのですが、その循環の過程でアンモニアが処理されます。

体内のオルニチンが不足してくると、この処理の為にアルギニンやシルトリンも不足してしまいます。

アルギニンやシルトリンは精子の量を増やしたり、血行改善による勃起の質の向上、あるいは性的刺激を勃起に繋げるための精力を増強する働きをする成分です。

つまり肝臓の状態は精力の状態とも関連しているということですね。ですから肝臓を労わることはEDの改善や中折れの改善、精子の量を増やすことにも繋がるというわけです。

実際肝臓の働きをサポートするサプリメントと摂るようになってから精力もアップしてきたという人も少なくありません。

肝機能サプリメントはモニターで試して選ぶのがおすすめ

飲み過ぎた日の翌日の二日酔いや、朝に体がダルくて起きるのが非常にツライという方は、肝機能サプリメントメントをモニターで試してみるとよいでしょう。肝機能サプリメントメントを、モニターで試して選ぶのがおすすめの理由をご紹介します。

サプリメントメントはまずモニターで試すと、いろいろな特典がついてくることがあるので、サプリメントメントモニターになって毎日の肝機能をサポートしていくとお得です。

現代日本の生活習慣によって肝臓という臓器は今、窮地に立たされています。多忙な生活、仕事からのストレス、夜の遅い食事、油ものの多いおかず、アルコールの飲み過ぎ・・・、このような生活習慣の乱れにより肝臓は毎日悲鳴をあげていますが、私たちにはこの肝臓の悲鳴にあまり耳を傾けることをしません。

それは肝臓が「沈黙の臓器」と呼ばれるほど、病気になった時には時すでに遅しと病気の進行が進んでしまってから発見されることが多いからです。肝臓の病気にかかると、気付くのが遅い場合は取り返しのつかない、最悪の状態を招いてしまうことにもなりかねません。ですから、より早めの対処が必要になります。

そのためには、毎日のサプリメントメント習慣で、肝機能をサポートしていくのが良い手です。まずはお得なモニターで試してみて、自分の体に合ったサプリメントを選んでいくとよいでしょう。沈黙の臓器と呼ばれる肝臓が痛みをうったえる前に、肝臓に対して効果的に働くサプリメントを飲んで病気予防の対策としましょう。

肝機能サプリのおすすめ

レバリズム-L

レバリズム-L 商品本体イメージ

レバリズムは肝機能サポートサプリとして、全国的に知名度がうなぎ昇りに上がっています。それはなぜかというと、…続きはこちら

  • 初回価格はなんと5000円引きの980円(税込み)
  • 1袋1ヵ月分の90粒入り(1日当たり3粒目安)

肝臓病や肝臓の健康に関する用語の解説

脂肪肝とは

食事によって口か入った脂肪は、小腸で分解されて肝臓に送られます。ですが、脂質や糖質を摂取しすぎて、肝臓に送られる脂肪が増加すると、中性脂肪が肝臓にたまりやすくなります。そして、アルコースを摂取しすぎても、中性脂肪が肝臓に蓄積されていきます。

脂肪肝とは、中性脂肪が肝臓にたまる病気のことです。健康な方の肝臓ですと、3〜5%の脂肪を含みますが、これが5%を超えると脂肪肝と診断されます。現在、脂肪肝は30〜70代の方に多く、特に男女とも40代以降に多く発見される病気です。男女別ですと、男性に多くみられます。

脂肪肝はアルコールの摂り過ぎでも発症しますが、アルコール性の場合、これを放置しておくと、肝硬変などの病気を誘発してしまう可能性もあります。肝臓は脂肪や糖分をエネルギーに変える役割りの他にアルコールや薬剤など体に有害なものを分解・解毒してくれる役割も持っています。

肝臓の動きが鈍ったり、体が処理しきれないほどのアルコールが一気に体内に入り込んでくると、肝臓の働きが追い付かなくなって、肝臓に脂肪がたまっていってしまうことになります。

脂肪肝には、自覚症状がほとんどないため、症状が出始めた場合には「時すでに遅し」ということがよくあります。肝臓が「沈黙の臓器」だと言われるゆえんです。肝臓が脂肪まみれになってしまう多くの原因は、糖尿病、肥満、アルコールの飲み過ぎによるものですから、脂肪肝改善と予防にはこれらの病気に注意して日常生活を送るようにしましょう。

アルコール性脂肪肝(AFL)

アルコール性脂肪肝(AFL)とはアルコールの摂り過ぎが原因で肝臓に中性脂肪が溜まることです。食べ過ぎが原因の場合には非アルコール性脂肪肝(NASH)といい、ダイエットで極端な食事制限をした場合の脂肪肝は低栄養性脂肪肝といいます。

以前は肝臓に中性脂肪がたまるだけなので心配ない状態だと考えられていましたが、心疾患を合併したり様々な生活習慣病の引き金になることがわかってきたため、今では注意が必要だという認識が一般的です。

しかし肝脂肪という病態は可逆的なので、原因となる飲酒や生活習慣を見直すことで改善できます。食事内容を改善し、適度な運動の習慣化と禁酒で例えば体重を2キロ程度減らしただけで肝臓についた中性脂肪が減って肝機能は回復します。

アルコール性脂肪肝は自覚症状がほとんどないので、健康診断の結果で指摘され、初めて気づいた人が多いです。肝炎に進行する前の警告だと思って生活改善することをおすすめします。

オルニチン

オルチニンは、なんとなく聞いた言葉だと回答する方が大多数でしょう。では、オルチニンとは、具体的にどんな働きをするものなのかみていきます。

オルチニンは、肝臓で大活躍をしてくれるアミノ酸の一種で、私たち人間の肝臓の働きをサポート保持し、疲労回復のため働いてくれる成分です。

例えば、オルチニンは肝臓でアルコールの解毒作業をサポートする役割りをしてくれます。肝臓でアルコールを分解しなければ、アセトアルデヒドというアルコール成分の猛毒が体中の血液を暴れ回り、翌日に胃激しい二日酔いや猛烈な吐き気などの症状を起こすことになります。肝臓は、口から入ったアルコール分を解毒して浄化し、体に害がないようにしてくれる素晴らしい臓器です。

ですが、この肝臓の働きにも限界があります。アルコールをあまりに大量に摂取するようなことが続くと、肝臓の機能は限界を迎え、脂肪肝や肝機能障害などを引き起こすこともあります。なので、肝臓機能の保持や向上のために、オルチニンというアミノ酸を補給してあげることはとても大切なことです。

肝臓はアルコールの解毒作業の他にも、だるさや眠気が続くような倦怠感を一掃してくれたり、仕事や運動後の疲労回復効果も兼ね備えています。肝臓を大事にしていくことは、とても重要なことなのです。オルニチンは食べ物ですと、しじみに一番豊富に含まれている成分なので、食事に取り入れていくとよいでしょう。難しい場合は、サプリメントなどで摂取することをおすすめします。

タウリン

タウリンはヒトにとっても重要な成分で、生体内で重要な働きを示す分子であり、人間の場合生体内のアミノ酸の一種であるシステイン(解説)から合成されます。

タウリンを多く含むものには、牡蠣、タコ、イカがあります。スルメの表面についている白い粉はタウリンです。

タウリンの働きには「体細胞を正常状態で保つ作用(ホメオスタシス)」、胆汁酸分泌を促成して肝臓の働きをサポートする、肝細胞再生を促進する、また、細胞膜を安定化させる、インスリンの分泌を促す作用、脂肪肝の改善効果があります。

体内には心臓に多く含まれ、次いで筋肉、肝臓、腎臓、肺、脳に含まれます。その他にも網膜や卵巣、精子にも含まれ、体重60Kgの人の場合には約60g含まれていると言われています。

血圧が高い、コレステロール値が気になる(特に悪玉コレステロールの数値)、血糖値が高い、肝臓の数値が気になる、体がむくむ、息切れするようになったというような方はタウリンを多く含む食品やサプリメントを摂ってみるといいです。

また二日酔いもタウリンを摂ることによってアルコールを分解する酵素の働きをサポートしてくれるので、状態をやわらげることができます。

過度な飲酒習慣や脂肪分や糖質の多い食習慣は脂肪肝の原因ですが、タウリンは肝臓に溜まった中性脂肪を体外へ排出する働きをしてくれるので脂肪肝の改善が期待できます。

肝機能を高めるためにはタウリンを1日に500mg程度摂ることが推奨されます。しかし必要以上に摂っても尿と一緒に体外へ排出されてしまうため毎日適切な量を摂るのが望ましいです。

また、魚介類から摂ることは同時に余分なコレステロールも摂ってしまうことになるので、サプリメントから摂るのがおすすめです。

その他の注意としては、アスピリン(鎮痛、解熱)を服用している時はタウリンを摂らないようにすること。胃酸の分泌を盛んにするため胃を潰瘍から守るために牛乳や食事と一緒に摂るようにするとよいです。

スルフォラファン

スルフォラファンはアブラナ科野菜の植物の中でも特にブロッコリーに微量含まれるフィトケミカルの一種で、体内の解毒酵素や抗酸化酵素の生成をサポートして抗酸化力や解毒力を高めると言われている成分です。

癌予防の研究分野ではブロッコリーに含まれるスルフォラファンに癌の予防効果があるという調査結果もでています。

肝機能に対しては主に解毒酵素を活性化させることにより肝機能を向上させると言われており、肝機能をサポートするための健康補助食品にも使われ始めている栄養素のひとつです。

中性脂肪

中性脂肪は贅肉と言われることもある人の身体活動に必要なエネルギー源となるものです。トリグリセリド、トリアシルグリセロール、あるいはトリグリセライドと呼ばれており、「TG」という表記で健康診断結果に表示されています。数値が高くて医師に注意されたことのある方もいるのではないでしょうか。

食物から摂取した脂質や糖質は、小腸から門脈を通り肝臓を経由して血液中に入った後、人体の生命維持活動に消費されることになりますが、消費しきれず血液中に余ってしまった脂質や糖質は中性脂肪として体内に蓄えられるようになっているのです。つまり「最近お腹周りが弛んできた」とか、気になる贅肉が中性脂肪です。これは人類の長い歴史の中で飢餓と戦ってきた生き残りの本能というべきもので、仕方のないことでもあるのです。

中性脂肪そのものは、生命活動に必要なエネルギー源ですから一概に中性脂肪は悪い者とは言えません。ただし血液中に浮遊する中性脂肪の数値が高すぎるのは「脂質異常症」という状態で、体全体に通っている血管の動脈硬化が進行してしまう原因となります。 動脈硬化というのは様々な病気の原因になる「サイレントキラー」と呼ばれる自覚症状がないまま病状が進行してしまう危険な要因ですから、常日頃から年齢に関係なくしっかりと中性脂肪の対策をしていく必要があります。

肝臓病とは

肝臓病とは肝臓の細胞が炎症を起こして、腫れと熱を持つ状態になることで、つまり肝炎と呼ばれます。放置しておくと「肝炎→肝硬変→肝臓癌」と症状が進行してしまう可能性が高い油断できない病気です。

肝炎の分類は原因により、ウィルス性、アルコール性、薬剤性、自己免疫性と4タイプに分けられます。

ウィルス性とは肝炎ウィルスにより発症するもので、現在日本でわかっているウィルスには、A型、B型、C型、D型、E型、G型の6タイプあります。日本人で多いのはA型、B型、C型肝炎ウィルスによるウィスル性肝炎です。

アルコール性とは飲酒を習慣的に続けている場合や、大量のお酒を集中して短期間飲むことによって発症する肝炎です。アルコールの代謝で肝臓の負担が大きくなり、腹痛や発熱を伴って急激に発症します。

薬剤性とは服用した薬品が原因で肝障害を起こす肝炎です。中毒性とアレルギー性のものがあり、中毒性肝障害は薬そのものが肝臓にダメージを与えた場合。アレルギー性肝障害は薬によって起きたアレルギー反応によって過剰に肝臓を免疫反応が襲うというものです。

自己免疫性とは体の免疫システムが何らかの原因で異常をきたすことによって肝臓にトラブルを引き起こす肝障害で、若い女性や更年期の女性に多く見受けられます。

4つのタイプの中でアルコール性肝炎、薬剤性肝炎、自己免疫性肝炎の発症は比較的少なく、肝炎で入院する場合が多いのはウィルス性肝炎によるもので、肝炎全体の約8割ということす。

肝炎の症状には「急性肝炎」「慢性肝炎」「劇症肝炎」と発症の仕方や経過によって大きく3つに分けられます。急性と慢性の違いは6ヶ月以内に症状が治まるか治まらないかという基準です。

半年以内に治まるものが急性肝炎で、ほとんどの原因は肝炎ウィルスに感染したものです。

慢性肝炎は半年以上症状が治まらない場合を差し、急性肝炎から移行したものも多く、自覚症状がないまま健康診断で発見されるケースは多いです。

また、原因の約7割はC型肝炎ウィルス、約2割はB型肝炎ウィルスの感染です。

慢性肝炎は肝臓癌へと移行する可能性が高く、治療も長期に渡りますし、予後の過ごし方も気を付ける必要があります。

劇症肝炎は急性肝炎の中で急激に肝細胞の破壊が進み、肝機能の働きを保てなくなるため、黄疸や腹水が溜まるなど肝不全の症状が現れた場合をいいます。

肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるように、トラブルが発生しても働き続けるため、気が付いたときには時既に遅しということがよくあるのです。

L-システイン

L-システインという言葉は、最近はやや定着しているようなイメージもありますが、これはメラニンの生成を抑制し、シミが作られるのを防ぐ役割があるため、シミの改善に効果があるといわれている成分です。

しかしL-システインは、シミ改善の美白・美肌効果に加えて、さらに色々な効能があることが分かっています。

L-システインには抗酸化作用もあり、活性酸素が体の細胞破壊をするのを防ぐ力があります。タバコの喫煙、不摂生な食事内容、不規則な生活習慣などにより、活性酸素が蓄積されていくと細胞破壊が進み、これが老化の初期原因になるといわれています。ですからこの成分を摂取することは、ひいては老化防止にもつながると、期待できるのです。

またこの成分は、二日酔いを緩和させてくれる働きもあります。一度、口から入ったアルコールはアセトアルデヒドという猛毒に変わります。これを肝臓がフル回転して解毒作業をし、体にアセトアルデヒドが残らないようにしてくれるわけです。しかし肝臓の働きにも限界があります。ここでL-システインはアセトアルデヒドに直接作用して、無毒化を働きかけたり、アルコールを無害物質に変えてくれる酵素の働きをサポートするので、二日酔いにも高い効果を発揮します。

このようにL-システインは、シミ予防や改善の他に、疲れやダルさを改善したり、アセトアルデヒドに反応して二日酔いをサポートしてくれるなどの、様々な嬉しい効果を持っています。

シスチン

シスチンはL−システインが結合しているタンパク質を構成するアミノ酸の一種で、ケラチンという名で爪や髪の毛に多く含まれている成分です。シミ・ソバカスの原因となっているメラニンの生成を抑える働きを持っていて、美白効果や美肌効果が質を解毒・分解してくれる力も持っています。

以上のようにシスチンの効果は、爪や髪の毛・お肌を健やかに保つ働きや、美白・美肌効果、病気や老化から身体を守ってくれるなどがあります。また肝臓において、アルコールや有害ミネラルなどの有害物質を解毒・分解してくれる力も持っています。

シスチンというと、なんだか聞き慣れないので難しく感じてしまう働きかもしれませんが、「L-システイン」と聞くと、特に女性の方は「あ、お肌にいいあの成分だ!」と知っている場合が多いでしょう。シスチンは、L−システインと体の中で簡単に変換されるため、その働きも似たようなものになります。L-システインも、美白や美肌効果が高いことで知られていて、よく美肌効果を上げるサプリメント成分としても登場します。

シスチンを多く含む食べ物には、牛肉、牛乳、鮭などがありますが、肉類とともに摂取する時は、野菜と組み合わせてバランスの取れた献立てにすることが重要です。体内でこの成分が不足していくと、シミの原因や皮膚炎、爪が脆弱化する、髪の毛が抜けやすくなる、肝臓での解毒慮が低下する、などの症状を招くことがあります。ですからこの働きを維持するためには、サプリメントなどで、毎日上手に補っていくことが大切なことといえます。