ダイエットで肝臓に負担をかけないために

ダイエットで肝臓に負担がかかるのはご存知でしょうか?

ダイエットは、誰しも一度は経験したことがあるでしょう。しかしダイエットをしている時に、肝臓にどれくらいの負担がかかっているのかをご存じでない方は少なくないようです。

肝臓に負担がかかることといえば、アルコールの飲み過ぎ、食事リズムの乱れ、油脂性の高いものばかり食べるなどの食生活の乱れなどがあげられます。これらの悪い生活習慣を続けていると、脂肪肝になりやすくなったり、肝機能障害を起こす原因にもなりかねませんので気をつける必要があります。

また過度なダイエットをすることでも、肝臓の負担というものは増えます。それは、人はムリに体を絞ろうとすると、食事内容としてタンパク質摂取が減少していく傾向にあります。タンパク質の摂取が減ると、脂質や糖質を摂取することが多くなりますので、脂肪が肝機能にたまってしまい脂肪肝になる可能性なども高くなります。あまりに過度なダイエットを試みると、肝機能への負担がとても多大なものとなりますので、やり過ぎには注意しましょう。

対策としては、肝臓によいとされる「オルニチン」や「牡蠣エキス」「L−システイン」などが配合されたサプリメントを服用することも良い改善方法です。オルニチンや牡蠣エキスなどの成分は肝機能にとても良い働きかけをしますので、これらのサプリメントを飲むことで、肝機能の安定化と向上を目指すことができます。