スクワレンの働きとは

スクワレンは、深海鮫の肝臓から抽出された油脂のことです。この働きは、どのような働きなのでしょうか。

スクワレンは、深海サメの肝臓にある酸素と結び付きやすい成分で、人間がこれを摂取すると抗酸化作用や体脂肪の分解、免疫力強化、ホルモン活性化、殺菌作用などの働きがあるといわれています。これにより、肝機能障害の改善や、胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの病気や生活習慣病とされる糖尿病予防にも効果的な働きをするといわれています。

さきほどスクワレンは、水深200〜600メートルくらいの深海に生息する魚のサメの肝臓から取れる油脂のことといいましたが、なぜこの深海鮫の肝臓の成分が我々人間の体内に入ると良い影響を及ぼすのかというと、このサメは深い海で生きるためにとても巨大な肝臓を持っており、この巨大な肝臓から抽出されたスクワレンが人間の肝臓を正常にしてくれる働きを持つといわれているのです。海の奥深くで生息する深海鮫だからこそ、肝臓の機能がとても優れているのだといえます。

酸素の少ない深海で暮らす深海鮫のお巨大な肝臓から絞り取られたスクワレン成分は、人間の体内のいたる部分に、酸素を効率よく運ぶ働きがあります。また、細胞への浸透性や浸潤性も優れているので、人体にとても吸収されやすいという性質も持っている成分です。

スクワレンは以上のような作用で、私たちの肝臓をサポートしてくれる、とても優秀な成分であるということがいえるでしょう。

スクワレンを効果的に摂るならサプリメントがおすすめ

スクワレンは、肝臓病や高血圧に対しての改善効果や、美容にも効果があるといわれています。これを効果的に摂取するなら、サプリメントがオススメだということを、ご紹介していきます。

スクワレンは人体でも作られる成分ですが、その量はごくわずかです。そしてこの成分は20代を境に、どんどん減少していきます。この成分は新陳代謝を促進し、免疫力を強化してくれますので、高血圧や肝臓病、ガンなどに効果があるといわれています。

体に良いとされるスクワレンは主に、オリーブ油、アボガド油、綿実油などから抽出することができますが、一般的によく知られているのは深海に棲む深海鮫の肝油から抽出されたものがよく知られています。これは、毎日の食生活では摂取することが難しいので、サプリメントに置き変えて摂取していくと簡単ですし、効果的です。

スクワレンが肝臓病や高血圧、美容に効果が高いとはいっても、サプリメントは薬とは違いますので速効性はあまりありません。一回飲めばすぐに良くなる!お肌が美しくなる!という代物ではないので、サプリメントは継続的に飲むようにしましょう。

スクワレンの配合されたサプリメントで有名なのは、「レバリズム-L」です。「レバリズム-L」には、肝臓に良い働きかけをするしじみエキスや、海のミルクと称される栄養豊富な牡蠣エキスがふんだんに入っているので、お酒をよく飲むという方にもピッタリのサプリです。